不正アクセス被害でメールアドレス1,401件が流出|株式会社スペースキー

画像:不正アクセスによる一部キャンプ場施設のメールアドレス漏洩のお詫び/株式会社スペースキーより

株式会社スペースキーは2019年5月31日、同社が運営するキャンプ場施設関連サービスサイト「なっぷ」のウェブサーバーが、何者かのサイバー攻撃を受けたと明らかにしました。

同社はサイバー攻撃の形跡を2019年5月21日に把握。その後実施された調査により、登録キャンプ場施設のメールアドレス1,401件に流出の可能性があると説明しています。個人ユーザーの情報は確認されていないとのことです。

現在はアクセスを遮断し対策済

スペースキー社よると、現在はすでにアクセス元の遮断など、不正アクセスのセキュリティ対策を実施済。影響を受けた可能性のある顧客には、個別にメールを送付したとしています。

なお同社は今後、サイバー攻撃を踏まえたセキュリティ管理体制を構築し、従業員教育も実施する方針。現在は関係当局への報告を実施していると説明しています。

参照不正アクセスによる一部キャンプ場施設のメールアドレス漏洩のお詫び/株式会社スペースキーより

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?