誤送信でメールアドレス流出、ダブルチェック機能せず|橿原市

画像:橿原市より

奈良県橿原市は2019年6月10日、市のスポーツ推進課にてメールの誤送信が発生し、個人情報7件が流出したと明らかにしました。

発表によると、課の担当者が2019年5月に開かれたスポーツ教室の集合写真を送付する際に設定ミスを起こし、メールアドレスが流出したと説明。市は外部メールについて、ダブルチェックをするよう定めていたとしています。

ダブルチェックは形骸化しやすい

橿原市で発生した事例は、ヒューマンエラー対策の難しさを、端的に示した事例です。たしかにダブルチェックは、手軽で有効な誤送信対策です。新たなシステム導入などと比べ、コストをかけずに導入でき、中小企業でも実施しやすい強みを持ちます。しかしダブルチェックは往々にして、形骸化しやすい対策です。

今回の橿原市もダブルチェックを促してはいましたが、実際には機能せず。現場担当者各人のセキュリティ意識が低ければ、何の意味もない対策と化します。現場教育が不足している、典型事例と言えるでしょう。

参照橿原市で7人分のメールアドレス流出/奈良テレビ局放送

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?