JC3がサイバー防災訓練の開始を発表、アカウント乗っ取りの防止へ向けて

画像:サイバー防災訓練より

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は2019年6月7日、同センターが協力する官民共同セキュリティイベント「サイバー防災訓練」の開催を発表しました。

AUやSoftBank、Docomoなどの主要通信事業者に加えて、amazonやYahoo、LINEなど馴染みの深いウェブサービス会社が、同イベントに参画。アカウントの不正利用の防止や、被害発生時の対応など、基本的かつ重要な情報を伝えています。

「アカウント」をテーマにした一般向けイベント

サイバー防災訓練は、不正アクセスによる被害の防止を目的とした、一般ユーザー向けのコンテンツイベントです。

今回は通販やSNS、個人情報の管理などに欠かせない「アカウント」をテーマに開催され、パスワードの使いまわしや、推測されやすいパスワードの設定など、アカウントを守るために必要な基本的な知識を説明。さらに公式アプリなど信頼度の高い窓口の推奨や、ログイン履歴のチェックなど、不正アクセス被害を抑止する、対策方法を解説しています。

イベントは2019年6月21日まで開催。期間中は誰でもサイトの閲覧が可能です。

参照日本サイバー犯罪対策センター

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?