職員情報など含んだUSBメモリ持ち帰り紛失、瀬戸内市今城保育園

画像:USBメモリーの紛失事故について(お詫び)/瀬戸内市より

瀬戸内市は2019年6月5日、職員会議録や土日保育の利用者など、複数名の個人情報を含んだUSBメモリーを紛失したと明らかにしました。

紛失したのは、市内の今城保育園に勤務する保育士です。市によると保育士は2019年5月15日、園の許可を得てUSBメモリーを自宅に持ち帰りました。しかしその後の2019年5月18日、保育士が書類作成の作業を進めるためにUSBメモリを探したところ、発見できず。保育士は心当たりのある場所を捜索しましたが、記事発表時点で発見には至っていないとのことです。

複数の情報を記録か

瀬戸内市は紛失したUSBメモリーに記録されていた、各種情報を公開しています。書類データに含まれる情報件数などは不明ですが、少なくとも職員16名の氏名などが記載されていたと見られています。

USBメモリーに含まれている情報は下記の通りです。

  • 平成30年8月職員会議録
  • 土曜日保育の利用名簿
  • 保育計画
  • 視覚支援用物品資料写真
  • 保育園職員勤務割表
  • 運動会用園児配置図

参照保育士が園児情報入りUSB紛失 瀬戸内市が発表、悪用確認されず/瀬戸内市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?