サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

他社インシデント受け注意喚起、不正アクセスを未然に防ぐ施策|株式会社マクロミル

  • LINEで送る

画像:【重要】パスワードの使い回しにご注意ください/株式会社マクロミルより

株式会社マクロミルは2019年5月23日、同社の展開するアンケートモニターサービスにて、パスワードの使いまわしによる不正アクセスに注意するよう、ユーザーらに呼びかけました。

発表は、同業他社にて発生した不正アクセス被害に関連したもの。攻撃者はユーザー層が似通っている同業サイトをターゲットにする可能性があり、被害を未然に防ぐ手立てと言えるでしょう。

前日にはアンとケイトが不正アクセス被害

マクロミル発表の前日となる2019年5月22日、アンケートサービス「アンとケイト」にて、サーバー設定の不備を利用した不正アクセス被害が発表されました。

同社が受けた被害は甚大で、登録ユーザー情報合計約77万件に流出懸念が発生。メールアドレスやパスワードも漏洩対象となっており、リスト型攻撃への発展など、複数の懸念が高まっています。

参照【重要】パスワードの使い回しにご注意ください/株式会社マクロミル

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。