教員採用案内サイトが不正アクセス被害、一部改ざん|東京都

画像:東京都公立学校教員採用案内(東京都教員免許案内を含む)ホームページの一時停止について/東京都より

東京都は2019年5月13日、東京都公立教員採用案内のホームページがサイバー攻撃を受け、一部が不正に改ざんされたと明らかにしました。

都の発表によると、攻撃者は該当ページをに、別サイトへの誘導を目的としたポップアップを設置。被害を受けたユーザーから情報提供があり、調査を進めたところ、改ざんが判明したと説明しています。

流出の有無や件数などは確認されず

東京都はインシデントを受け、該当ページの公開を一時停止。ホームページの運営会社に調査を依頼し、対応したと述べています。

なお、東京都によると、該当ホームページは教員採用案内の表示を目的としたものであり、個人情報は保管していないとのこと。ただしポップアップによる誘導先での流出に関しては、明らかになっていないと説明しています。

参照東京都公立学校教員採用案内(東京都教員免許案内を含む)ホームページの一時停止について/東京都

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?