クービック予約システム利用者に広がる情報流出の懸念、琉球大学生活協同組合も注意喚起

画像:不正アクセスに関するお詫びとご報告/琉球大学生活協同組合より

琉球大学生活協同組合は2019年3月20日、利用する来場予約システム「Coubic」において不正アクセスが発生したことを受け、報告文を公表しました。

同組合はシステム運営会社クービックの予約システムを利用しており、予約者の氏名やメールアドレスについて流出の懸念が生じていると発表。予約者らに向け、不審なメールなどに注意を呼び掛けています。

不正アクセスにより予約システム利用者らの情報が流出

株式会社クービック社は、予約システム「Coubic」などを運営する会社です。

同社は2019年3月19日に「Coubic」が外部からのサイバー攻撃を受けたと明らかにしており、サービス利用者だけでなく、提供サービスの利用者らにも影響が及んでいます。

参照不正アクセスに関するお詫びとご報告/琉球大学生活協同組合

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?