メール誤送信により防衛省受験者らのメールアドレスが流出

画像:メール誤送信について/防衛省より

防衛省は2019年3月7日、職員の採用選考にて一部受験者のメールアドレスが流出したと明らかにしました。誤送信の原因は宛先欄の入力ミス。受験者らにメールを送信する際に、宛先欄をBCCでなく、受信者らのメールアドレスが表示される形式で送信したと説明しています。

止まらぬ誤送信によるインシデント

防衛省は誤送信について謝罪をすると共に、影響を受けた受信者らにメールの削除を依頼しています。また再発防止策として、複数人によるダブルチェックの導入を発表し、対応を進める考えです。

なお宛先欄の入力ミスによる誤送信は、全国の自治体・企業を問わず相次いで発生している事案です。2019年も既に多くの被害が生じており、「(国防を司る)防衛省としては、やや認識が甘いのではないか」といった批判も出ています。

参照メール誤送信について/防衛省

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?