私的利用目的で町民の個人情報6,300件を不正コピー、佐賀県玄海町住民福祉課の職員を逮捕

画像:玄海町より

佐賀県警サイバー犯罪対策課は2019年1月31日、町民の個人情報を不正に持ち出した疑いで、佐賀県玄海町・住民福祉課長の容疑者を逮捕したと明らかにしました。

容疑者は2017年5月に、玄海町の全町民に相当する個人情報6,300件を、玄海町の町役場で不正にコピー。別件で押収したPCやスマートフォンからは、町役場の内部資料35万件が見つかっており、複数の不正アクセス事件に関与している疑いが持たれています。

「弁護士と接見した後で話す」と供述

県警によると、容疑者が持ち出したデータは住民基本台帳から抽出したもの。町民の住所や氏名・生年月日など複数項目が含まれており、このデータだけで十分に個人の特定に至ることができるものです。

ただし容疑者は「弁護士と接見した後で話す」と供述しており、動機や経緯などについては不明。警察のサイバー犯罪対策課は今後、第三者への流出などを調べる方針を明らかにしています。

全町民のデータが流出する大惨事

今回のインシデントは、玄海町の全住民に相当するデータが流出リスクに晒される、非常に深刻なものです。玄海町は今回のデータ持ち出し容疑を受け、個人情報をより慎重に取り扱う方針。今後の捜査により、詳細が明らかになるものと思われます。

参照全町民の個人情報持ち出し、玄海町課長を逮捕/佐賀新聞s

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?