画像:クリプトピアより

ニュージーランド警察は2019年1月15日、同国の仮想通貨交換所「Cryptopia(クリプトピア)」が何者かのサイバー攻撃を受けたと明らかにしました。

情報によると、攻撃によりクリプトピアから大量の仮想通貨が流出した可能性があるとのこと。ニュージーランド警察は専門知識を持つスタッフを含んだ調査チームを編成し、海外のパートナー機関と連携を取り詳細を操作しています。

取引は全面的に停止、調査情報も公開取り下げ

クリプトピアは今回のインシデントを受け、即座にメンテナンスモードに移行。提供していた取引サービスも全面的に停止する決定を下しました。

また同社はメンテナンスと同時に最新状況を公表する意図を見せていましたが、捜査上の必要に迫られ最新情報の公開を停止。現時点では不正アクセスを受けた可能性があることのみが公表されている状況です。

相次ぐ不正アクセス

仮想通貨を狙った不正アクセスが目立っています。今回のクリプトピアに対する不正アクセスはもちろん、過去には国内でもコインチェックやZaifにて流出インシデントが発生。フィンテック技術として注目を集める一方で、攻撃者にとっても格好の標的とされています。

一時の過熱状態から落ち着きを取り戻した仮想通貨市場ですが、セキュリティ的には今後も注意が必要になりそうです。

参照New Zealand Police

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?