画像:お詫びとお知らせ/株式会社ケーズホールディングスより

株式会社ケーズホールディングスは2019年1月10日、同社が提供するパソコン出張サポートを申込んだ顧客情報合計98件が、インターネット上で自由に閲覧可能な状態にあったことを明らかにしました。

同社によると、インシデントが確認されたのは2018年12月27日。京都府・大阪府及び奈良県のケーズデンキでパソコン出張サポートを申し込んだ人のうち、2018年12月16日~2019年1月19日に訪問予定の顧客情報が流出したとのことです。

氏名や住所・サービス内容などが流出

ケーズホールディングスは今回のインシデントについて、2018年12月27日付で原因となった出張サポートの予約確認サイトの閉鎖を決定。更にホームページ上で謝罪を発表するとともに、影響を受けた顧客に向けて個別に連絡を進めています。流出した個人情報の個別項目は下記の通りです。

  • 京都府・大阪府及び奈良県のケーズデンキでパソコン出張サポートを申し込んだユーザーのうち、2018年12月16日~2019年1月19日に訪問予定の顧客情報:98件
  • 氏名
  • 住所の一部(市町村まで)
  • サービス内容

参照お詫びとお知らせ/株式会社ケーズホールディングス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?