画像:株式会社えびすやより

住宅素材メーカーの株式会社えびすやは2018年11月28日、外部からの不正アクセスによりホームページの改ざん被害が発生したことを発表しました。

同社によると、攻撃者は世界的なハッキング活動「不正アクセス感謝祭」の一環としてサイバー攻撃を実行。同社を標的にしたサイバー攻撃ではないとの認識を示しています。

不特定多数を標的に

えびすやの説明によると、不正アクセスはアメリカ感謝祭になぞらえた「不正アクセス感謝祭(2018年11月21日~)」により発生。2018年11月24日までには同社へ不正アクセスも確認され、すべてのサーバーを停止する事態に陥ったとしています。

攻撃を受けた同社は2018年11月26日、必要な対応を実施。サーバー内に組み入れられた不正なプログラムを削除し、ホームページの状態を復旧しています。

情報流出の被害は確認されず

えびすや側は今回のインシデントについて、ホームページ改ざんなどの被害が生じたものの、「お客様の個人情報の流出は現時点で確認されておりません(引用)」としています。

同社は今後、セキュリティ体制の強化などの手法を通じて、サイバー攻撃への対応力を強める考え。不正アクセスの防止に努める姿勢を見せています。

参照不正アクセスによるホームページの改ざん閲覧不可のお詫びとご報告/株式会社えびすや

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?