画像:株式会社船井総研ホールディングスより

株式会社船井総研ホールディングス(以下:船井総研)は2018年11月20日、同社子会社の従業員が、顧客などの個人情報を含んだ外付けハードディスクを紛失したと明らかにしました。

ハードディスクには顧客の歯科医院11件や医院所属の職員・患者らの情報2,820件が含まれており、現在も発見に至っていないとのことです。

外出先で紛失か

インシデントは2018年10月23日に発生。同社従業員が電車で移動している最中に、個人情報が含まれたハードディスクを紛失したと説明しています。

同社は紛失発覚後、各鉄道の落とし物センター等へ連絡や、最寄り交番への遺失物届の提出することで対応を進めるものの、公表時点では発見に至らず。影響を受けた関係者らに謝罪を対応を実施しています。

クライアント医院の患者情報に影響

船井総研によるとハードディスクには、クライアント医院や医院の顧客情報が含まれていたとのこと。詳細は下記の通りです。

データの種類 クライアント数 個人情報数
クライアント(歯科医院)の代表者氏名、住所、職員氏名
クライアント顧客(歯科医院患者)の氏名、保険者番号、生年月日、性別、住所、電話番号
11件 2,820件
クライアントより預かった分析資料等 35件

紛失したハードディスクに記録されていた情報について、二次被害等は確認されていないとのことです。

参照個人情報を含む外付けハードディスクの紛失について/株式会社船井総研ホールディングス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?