画像:宮城県図書館より

宮城県教育委員会は2018年9月14日、県図書館のウェブサイトに向けて大量のアクセスが集中していることを明らかにしました。情報によると、アクセスの大半は中国によるもの。同県図書館はこれにより一時的にウェブサイトの閉鎖を決定しました。

なお、記事発表時点では情報流出等の被害は確認されていません。

事案の経緯は?

情報によると、2018年9月13日ごろより同県図書館に向けてのアクセスが急増。大量のアクセスがホームページに集中したため、一般利用者が閲覧しにくい状況が発生したとのことです。

調査によると、IPは中国のものが大半であると判明。中国からのアクセスを制限するように設定を変えたところ、通常の接続環境が確保されたとしています。

攻撃の意図は?

教育委員会の発表によると、攻撃は「サーバーダウンを目的とした攻撃と思われる」とのこと。

今回の事案では情報流出等の被害は出ませんでしたが、不正アクセス防止措置のため、一時的にホームページが閉鎖されるなどの被害が生じました。なお中国からのアクセス制御が取られた現在、ホームページは正常に稼働しています。

参照宮城県図書館HPに外部から大量アクセス 中国からか/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?