画像:Monappyより

仮想通貨ウォレットサービスを展開する「Monappy(以下、モナッピー)」は2018年9月1日、外部から不正アクセスによる攻撃を受けたことを明らかにしました。

モナッピーの発表によると、攻撃者はギフトコード機能を悪用して仮想通貨への攻撃を仕掛けたとのこと。攻撃は同サイトのホットウォレットに被害を及ぼし、ユーザーの仮想通貨に盗難被害が生じました。現在はサービスを停止して調査を進めており、ユーザーに対して謝罪を行っています。

事案の経緯は?

モナッピーによると、攻撃は2018年8月27日~2018年9月1日に発生。攻撃者は外部受取機能を利用してギフトコードを発行する際に、意図的にリクエスト頻度を高めることで、1つギフトコードで複数の送金が行われるよう仕組んだとのことです。

通常ギフトコードは二重に使用することができないように、トランザクション機能などを利用した対策が実施されています。しかし、今回の事案では高付加状態でギフトコードの連続使用が行われたため、サーバーの応答に時間がかかり、タイムアウトによるロールバックが発生。結果として、1つのギフトコードから複数の送金が行われたと説明しています。

被害規模や対応策は?

モナッピーの発表によると、攻撃の影響はモナッピーに残高を持つ全てのユーザーに発生しています。

モナッピー側は攻撃に関する調査を優先して進める方針。詳細情報や再発防止策に関しても、対応を進める考えを示しています。

参照Monappyへの攻撃についてのお詫びとお知らせ/monappy

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?