情報漏洩や不正利用は、外部の人物が行うとは限りません。

警視庁は2018年8月8日、東京都内の居酒屋店にて客のカード情報を不正に利用した疑いで、従業員米山 聡容疑者(35)を逮捕したことを明らかにしました。警察の調べによると、米山容疑者は複数回にわたりカードを不正利用したとのことです。

コートや腕時計を不正に購入

米山容疑者は、同店顧客の60代男性のクレジットカード情報を悪用。2018年3月~2018年4月にかけて、インターネット通販でコートや腕時計等を購入した疑いが持たれています。

捜査によると、同容疑者は容疑を認めており、「会計のためにカードを預けた際に、口座番号や有効期限をメモした」と述べているとのこと。業務上知り得た情報を不正に利用した疑いのある事例です。

内部犯のリスク

従業員による不正行為は企業にとって大きなダメージ。関係者への責任はもちろん、不正利用の風評による信用力の低下は、その後の売上や経営に深刻なダメージを与えます。

外部に対するセキュリティ体制と同様に、内部の情報管理や教育も求められている時代です。

参照客のカード情報で買い物 居酒屋店員を逮捕 余罪も/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?