画像:株式会社マイネットより

株式会社マイネットは2018年7月26日、同社がサイバー攻撃によりサービスを停止していた合計13タイトルのゲームが全て再開したことを公表しました。

オンラインゲームでは、しばしばユーザー対応の内容が取り沙汰されます。同社はゲームタイトル内にて個別に説明を行う考えて示しており、ユーザー・関係者には改めて、謝罪の意を表明しています。

関連記事マイネットに不正アクセス「FFグランドマスターズ」など人気ゲーム13タイトルが休止
関連記事「特権ID」悪用しデータ削除、マイネットが不正アクセス事件の中間報告書を発表

同社の受けた事案は?

株式会社マイネットは2018年3月1日よりサイバー攻撃を受けており、不正アクセスに伴う障害が発生。多くのゲームタイトルを停止する措置を取りました。

停止となったサービスには、「アヴァロンの騎士」や「ファイナルファンタジー グランドマスターズ」等の有力タイトルも含まれており、大きな被害が懸念された事案です。

経済的な損失は?

同社はサイバー攻撃を受けて以来、セキュリティ対策とサービスの再開に努力を重ねてきた企業です。

しかし、サイバー攻撃により受けた爪痕は大きく、同社の経済的・信用を毀損しました。今後の同社の取り組みには注目が集まっています。

参照当社サーバーへの不正アクセスによる一部運営ゲームタイトル障害発生のお知らせとお詫び/株式会社マイネットより

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?