画像:蒲郡市より

愛知県蒲郡市は2018年7月20日、保険年金課が業務上使用していたUSBメモリーを紛失したことを明らかにしました。

メモリーには国民健康保険税構成通知情報が記録されており、その数は449件とのこと。情報発表時点でもなお紛失状態が続いており、市は謝罪を行っています。

事案の経緯は?

該当USBメモリーが紛失が明らかになったのは、2018年7月5日です。

しかし、2018年3月5日に扱って以来、該当USBメモリーの使用状況に関する記録がなく、正確に紛失した日時は不明と推察できます。ただし、USBメモリーは所内の業務で使用されていたため、外部への流出の可能性は低いとのことです。

被害状況は?

蒲郡市は業務手順書により、メモリー内のデータは使用後、すぐに消去するよう定めているため、データが残存する可能性は低いとのこと。

また、USBメモリーはパスワードによるロックがかけられている上に、データ閲覧には専用ソフトが必要なため、第三者が内容を確認出来る可能性は極めて低いと述べています。

参照USBメモリの紛失について(お詫び)/蒲郡市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?