画像:中日本エクストール横浜株式会社より

高速道路の料金収受業務などを行っている「中日本エクストール横浜株式会社」は2018年5月24日、元社員によるサイバー攻撃を受けたことを公表しました。

同社によると、元社員はウイルス駆除ソフトが意図的に削除し、業務に支障を与えたとのこと。同社はこれまで捜査協力の観点から公表を控えていましたが、被疑者である元社員の書類送付が実施されたため、報告を行ったと説明しています。

事案の概要は?

中日本エクストール横浜株式会社の報告によると、元社員はコンピューターセキュリティーメーカーのサーバー上にある、同社向けのウイルス駆除ソフト管理ツールに不正アクセスを行ったとのこと。

元社員は同社の社員が業務上使用している複数の端末にインストールされていたウイルス駆除ソフトを意図的に削除。なお、動機や目的は明らかにされていません。

再発防止策は?被害は?

中日本エクストール横浜株式会社は今回の不正アクセスについて、「ウイルス駆除ソフトのみが削除されたものです」と表明。発表時点において、同社が保有する個人情報の流出やウイルス感染などの事実は確認されていないと述べています。

また、同社は再発防止策として、ウイルス駆除ソフト管理ツールへの不正アクセスを防止する対策を実施したと説明しています。

参照ウィルス駆除ソフト管理ツールへの不正アクセスについて/中日本エクストール横浜株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?