画像:株式会社メニコンより

コンタクトレンズ総合メーカーの「株式会社メニコン」は2018年5月17日、同社の子会社が運営する会員制サイト「A-Web(エース ウェブ)倶楽部」が何者かのサイバー攻撃を受けたこと発表しました。

同社報告によると、一連のサイバー攻撃により情報漏洩が発生。サイト利用者のクレジットカード情報最大3,412件が流出した可能性があると報告しています。

事案の経緯は?

事案は2018年3月27日、決済代行会社よりメニコン子会社の株式会社ダブリュ・アイ・システムに対して「カード情報が流出の懸念がある」と連絡により発覚。

連絡を受けた同社はカード決済機能を停止した後、2018年3月27日中に第三者機関へと調査を依頼。その後2018年5月2日に第三者機関の調査報告により、不正アクセスの事実が明らかになったとのことです。

流出情報の内訳は?再発防止策は?

株式会社メニコンによると、流出の可能性がある情報は最大で3,412件、2018年5月2日時点ですでに27名、約668万円分の不正利用が発生しています。

流出した情報の詳細は下記の通りです。

  1. 対象:2017年12月17日~2018年3月27日の期間中に当サイトでクレジットカード決済をしたユーザー
  2. 流出したクレジットカード情報の内訳
    ・会員名
    ・番号
    ・有効期限
  3. 件数:3,412件
  4. 不正利用による被害:27名/約668万円 (5月2日時点)

攻撃者はウェブアプリケーションの脆弱性を利用して不正アクセスを行っており、同社はセキュリティ体制の強化を実施してサイバー攻撃対策を行う方針を打ち出しています。

参照エースコンタクト会員専用サイト「A-Web倶楽部」におけるお客様情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社メニコン

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事