兵庫県尼崎市は2018年4月18日、同市が運営していた健康情報関連サービスサイト「健診すずめ通信」に対し行われたサイバー攻撃について、新たに確認が取れた情報を公開。

2017年10月~2018年2月の間に、メールマガジン登録者の個人情報合計とサイト登録者の個人情報、合わせて1万1,960人分の情報がサイバー攻撃被害にあった件について、運営委託会社である電通西日本に損害賠償を求める考えを示しました。

関連 尼崎市の健診予約サイトが不正アクセス被害、個人情報約3,000件が流出の可能性

セキュリティプログラムに不備があった可能性を指摘

兵庫県尼崎市によると、不正アクセスによる情報引き出しの原因はセキュリティプログラムの不備にあったとのこと。

被害を受けた同市は、兵庫県警からの情報提供が行われた2018年2月28日に事態を把握。その後、会員からの専用電話回線を開き対応に当たっただけでなく、サービスの提供そのものが難しくなり、サイト閉鎖に追い込まれました。

電通西日本は今回の事件について、「皆様にご迷惑をお掛けし、大変申し訳なく思っています」とのコメントを出しているとのことです。

サイバー攻撃による被害損失

今回のインシデントでは、兵庫県尼崎市が甚大な被害を被ることになりました。問合せ窓口の設置やサイト閉鎖による経済的損失は、民間企業に置き換えると経営に影響を与えかねないほどの被害が予測されます。

こうしたインシデントは、発生時期やタイミングの予測がつかず、対応が難しいのも実情です。
参照健診すずめ通信のWEBサイトへの不正アクセスに関するご報告/兵庫県尼崎市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事