サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ZTE日本法人サイトにてクリプトジャッキングの可能性、現在は対応済み



画像:ZTEより

中国のスマートフォンメーカー「ZTE」社の日本法人ウェブサイトに、マイニングスクリプトが埋め込まれていた可能性が明らかになりました。

本件は2018年3月30日頃から話題に上り、ネットメディア上には「ZTEのウェブサイトにマイニングスクリプトが含まれているスクリーンショット 」も公開されています。

クリプトジャッキングが疑われる

一連の情報を総合すると、

  1. 2018年3月30日の午後4時時点で、「ZTE」の日本法人の公式サイトにて、マイニングサービス「Coinhive」(コインハイブ)表記のスクリプトが埋め込まれていた。
  2. 閲覧中のCPU、メモリ負荷が大きく上昇。
  3. 上記の事情を考慮すると「クリプトジャッキング」である可能性が高い。

とのこと。

※クリプトジャッキングは、ページ閲覧しているエンドユーザーのリソースを消費し、マイニングを行うプログラムです。

現在は対応済との情報

同社は今回の事案について、「問題となったページの制作や管理は、外部委託を行っている」とした上で、原因の究明に務めるとの姿勢を表明。

その後、ZTEの日本法人は、今回の指摘を受けて対応を実行。ローカル領域からサーバーにデータを再アップロードすることで、マイニングスクリプトへの対策をしたとのことです。

〈参照〉中国スマホメーカーZTE公式サイト、仮想通貨マイニングマルウェアに感染か【対応済み】/Yahoo!ニュース


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。