平昌冬季五輪のサイバー攻撃被害、攻撃者の詳細不明のまま

[更新]



画像:平昌冬季オリンピック公式HPより

2018年2月11日、国際オリンピック委員会は、平昌冬季オリンピックのインターネット回線が使用不可に陥った事件について、何者かのサイバー攻撃によるものと発表を行いました。

同事件は2018年2月9日のオリンピックの開会式中に発生。大きな影響と注目を集めています。

被害状況は?

事件は9日の午前7時頃にWi-Fi通信が行えなくなったことにより発覚。攻撃の影響により、オリンピック会場の入場券出力やサービス利用が行えなくなるなどの被害が発生しています。

オリンピック運営側によると10日の午前中には各問題から復旧。サービスの提供を再開したとのことです。

攻撃者の情報は明らかにせず

今回の事件について、五輪組織委員会は攻撃者の情報開示を拒否。頑なな姿勢を取り続けています。原因解明には同組織のサイバーセキュリティ班および韓国国防省が調査にあたっており、攻撃者については様々な推論が飛び交っている状況です。

なお、国際オリンピック委員会によると、今回のような対応は「通常の慣行」との見解を示しています。

<参照>平昌冬季五輪、サイバー攻撃受けていた 攻撃元については明かされず/AFP=時事

ゼロから始めるセキュリティ対策!
セキュリティチェック25
img_pdf

「セキュリティ対策」はインターネットを利用する全ての企業にとって必須

大企業であればお金をかけてしっかりとした対策に取り組めますが、
そんな予算もない中小企業の方々は、「セキュリティ対策が必要だとわかっていても何をすれば良いかわからない、、、」という方も多いはず。

そんな中小企業の方々、
特に50名以下の企業の社長、IT担当者、総務部担当者の方々は絶対に知っておきたい!自分でできるセキュリティ対策がチェックできるA4サイズ1枚にまとめた25項目のセキュリティチェックシートです。

メルマガ登録で無料ダウンロード!
無料ダウンロードはコチラ

こちらのページもご覧ください。

作者:   セキュリティニュース