平昌冬季五輪のサイバー攻撃被害、攻撃者の詳細不明のまま|サイバーセキュリティ.com

平昌冬季五輪のサイバー攻撃被害、攻撃者の詳細不明のまま



画像:平昌冬季オリンピック公式HPより

2018年2月11日、国際オリンピック委員会は、平昌冬季オリンピックのインターネット回線が使用不可に陥った事件について、何者かのサイバー攻撃によるものと発表を行いました。

同事件は2018年2月9日のオリンピックの開会式中に発生。大きな影響と注目を集めています。

被害状況は?

事件は9日の午前7時頃にWi-Fi通信が行えなくなったことにより発覚。攻撃の影響により、オリンピック会場の入場券出力やサービス利用が行えなくなるなどの被害が発生しています。

オリンピック運営側によると10日の午前中には各問題から復旧。サービスの提供を再開したとのことです。

攻撃者の情報は明らかにせず

今回の事件について、五輪組織委員会は攻撃者の情報開示を拒否。頑なな姿勢を取り続けています。原因解明には同組織のサイバーセキュリティ班および韓国国防省が調査にあたっており、攻撃者については様々な推論が飛び交っている状況です。

なお、国際オリンピック委員会によると、今回のような対応は「通常の慣行」との見解を示しています。

<参照>平昌冬季五輪、サイバー攻撃受けていた 攻撃元については明かされず/AFP=時事




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。