画像:パレタスオンラインショップより

2018年2月1日、ジャパンパレタス株式会社は、同社が運営するウェブサイト「パレタスオンラインショップ」 が不正アクセスを受けた可能性があることを公表しました。

同社は今回行われたサイバー攻撃により、クレジットカード情報を含めた最大821名分の個人情報漏洩した可能性があると説明。被害者に謝罪を行うと共に、今後の対応に追われています。

事件の経緯は?

事件発覚の経緯は2017年7月18日、カード決済代行会社から「カード情報流出の可能性がある」と指摘を受けた事に遡ります。同社はただちにカード決済の停止を行い、外部調査会社「PCF社」と連携して事態の調査に乗り出しました。

その後、2017年9月19日、PCF社から調査報告が発せられます。同報告によりカード情報の流出が確認され、手口はウェブサーバに不正なプログラムが仕組まれたことも判明しました。

被害規模は?再発防止策は?

今回サイバー攻撃で流出した個人情報は最大821名。2017年4月27日から2017年7月18日の間に「パレタスオンライショップ」にてカード決済を行った利用者です。

当然、流出した個人情報にはカード決済に関するデータが含まれています。内訳は以下の通り。

  • カード名義人
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

同社は今回の事件を受けて、新システムの導入を構築中とのこと。また、再発防止策として下記の対策を導入中。セキュリティ体制の向上を目指しています。

  1. WEB改ざん検知サービスの導入
  2. 決済方式をリンク型システムへと移行

<参照>
パレタスオンラインショップ

不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト/Security NEXT 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事