画像:株式会社NTTデータより

2018年1月22日、株式会社NTTデータは、自社の社内システムがランサムウェアに感染したことを公表しました。

同時に行われた同社発表によると、現在は既に対応済とのこと。懸念される情報漏洩やデータの暗号化などの被害についても、危険性が存在しないことを確認したと説明しています。

事件の概要は?

株式会社NTTデータによると、感染が発生したのは2018年1月5日金曜日。何らかの要因により社内システムがランサムウェアに感染したものと見られています。

事態を認識した同社は直ちに対策チームを編成し、感染状況の把握を行った上で、被害拡大を防止するために必要な対策を行ったと説明。2018日1月22日には、ランサムウェアを完全に駆除することに成功したとのことです。

ウェブサイト等による感染リスクも無し

株式会社NTTデータは今回の事件を受けて、利用者に報告と謝罪を行った上で、懸念されていた感染拡大についても安全性を確認したことを報告しています。

特に不安視されるのは公式ウェブサイトの改ざんやメールアカウントの乗っ取りでしたが、同社の調査によると2018年1月22日現在、同社ウェブサイトの閲覧や同社からのメールによって感染する可能性がないことを確認済み。安全に利用できるものと考えられています。

日本国内の企業や組織を対象としたサイバー攻撃は、年々増加傾向にある事案です。こうしたリスクに備え、各種対策が求められていると言えるでしょう。

〈参照〉
当社社内システムにおけるランサムウェア感染と対処完了について/株式会社NTTデータ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?