海賊版リーチサイト運営者初公判、競合サイトへサイバー攻撃も

[更新]
海賊版リーチサイト運営者初公判、競合サイトへサイバー攻撃も



2018年1月9日、マンガや雑誌などを違法にアップロードしたページのリンクを集めるなどして著作権法違反の容疑で逮捕された、大阪府堺市の無職和宇慶真被告(22)の初公判が行われました。

本件は捜査の過程で、同被告は単にリーチサイトを運営するだけでなく、競合する同様のサイトにサイバー攻撃を仕掛けていたことが判明したことにより、多くの注目を集めた事件です。

事件の概要は?

検察側の陳述によると、和宇慶被告は2011年9月頃から違法アップロードされたマンガなどのリンク先を集めたリーチサイト「はるか夢の址(あと)」を運営。サイト閲覧者を増やすために、「自炊師」と呼ばれる投稿者を優遇するなどの措置を行っていました。

また、同氏は出版社からの削除要請に対しては名前を偽って対応を行い、ライバルとなるサイトにはサイバー攻撃を仕掛けるという徹底ぶり。違法コピー業界で大きな存在になるために考えた、と指摘しています。

被告は容疑を認めるも、共謀容疑者は一部否認

9日に行われた初公判で事実確認を受けた和宇慶被告は、「間違いありません」と起訴内容を認めています。

ところが、被告と共謀した疑いで著作権法違反に問われているIT関連会社代表の「成合太彰被告(23)」は、違法サイトを放置した責任は認めるものの、共謀の嫌疑については否定。今後の動向に注目が集まっています。

〈参照〉
タダ読み誘導サイト開設の被告、起訴内容認める 初公判/Yahoo!ニュース

ゼロから始めるセキュリティ対策!
セキュリティチェック25
img_pdf

「セキュリティ対策」はインターネットを利用する全ての企業にとって必須

大企業であればお金をかけてしっかりとした対策に取り組めますが、
そんな予算もない中小企業の方々は、「セキュリティ対策が必要だとわかっていても何をすれば良いかわからない、、、」という方も多いはず。

そんな中小企業の方々、
特に50名以下の企業の社長、IT担当者、総務部担当者の方々は絶対に知っておきたい!自分でできるセキュリティ対策がチェックできるA4サイズ1枚にまとめた25項目のセキュリティチェックシートです。

メルマガ登録で無料ダウンロード!
無料ダウンロードはコチラ

こちらのページもご覧ください。

セキュリティ診断サービス

あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配...
サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

標的型メール訓練サービス

近年増え続ける標的型攻撃の対策はできてますか?社長だけが大丈夫でも社員全員の意識を上げないと、メールが来たら1/3も...

セキュリティ人材の育成に

今後不足すると言われているセキュリティ人材の確保を早めに対応しませんか?たった2日で学べる集中コース!

情報セキュリティ監査

150,000円のセキュリティ監査!専属担当者の採用は難しいけど、セキュリティが心配...という方必見です。

メルマガ会員登録募集中

中小企業向けセキュリティチェックシートプレゼント!その他特典多数!詳細はこちらをクリック!

会員情報27万件の流出を確認、三菱地所「ショッパークラブ」調査結果を公表

寄附募集サイト「長野県みらいベース」へ2万回以上の不正アタック

尼崎市健診予約サイトからの情報漏洩1万1,960名分と確認、運営委託先に損害賠償を求める

作者:   セキュリティニュース