12月22日、日新火災海上保険株式会社は、同社が保有する顧客情報最大905件が漏洩したことを発表しました。22日付で公表された同社の報告によると、犯行はなんと自社従業員が個人情報を不正に第三者に漏らしていたとのこと。

年末に明らかになった重大インシデントとして注目を集めています。

事件の経緯は?

事件のきっかけは、2017年11月1日に同社に寄せられた「(日新火災海上保険の)社員が個人情報漏えいを行っている」という趣旨の通報です。

同社がこの通報を受けて内部調査を実施したところ、12月13日に鹿児島サービス支店に勤務する社員の存在が浮上。同社員は「契約期間が満期になっている顧客情報を第三者に漏洩した」犯行を認めたと説明しています。

従業員は法令違反を認識

同社の調査では本件従業員は自身の行いが個人情報保護法に違反することを明確に認識していながら、本人に同意を得ること無く第三者に不正に情報提供。悪意ある内部犯行と言わざるを得ません。

同社は今回の事件を受けて被害者に書面で報告を行うと同時に、社内規定に基づいて厳正に対処すると述べています。

<参照>
お客さま情報の漏えいについてのお詫びとご説明 (PDF)/日新火災海上保険株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?