サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

マルウェア「Mirai」亜種の感染拡大を警告‐NICT



12月19日、情報通信研究機構(NICT)が、IoT危機に感染するマルウェア「Mirai」の亜種が増加し、脆弱性を抱える国内IoT機器に感染を広げていることに対して警鐘を鳴らしています。

NICTが行った調査によると、10月31日ごろより「Mirai」感染端末による動きが活発化。日本国内で23/TCPへのスキャンアクセスが増加しているとのことです。

ロジテック社及びHuwwei社のルーターに脆弱性か

NICT及びその関連会社が実施した調査によると、今回の攻撃の多くにロジテック社製のルーターが悪用されていることが判明。同社ルーターについて、既に指摘されている脆弱性(52869/TCP)が未だ解決されていないことが原因と述べています。

また、11月23日頃からは37215/TCP宛の攻撃も確認。こちらは攻撃者側のペイロードからHuwwei社のルーターに問題が発生している可能性が高いとのことです。

既知の脆弱性を悪用する「Mirai」亜種

NICTは、今回問題となった「Mirai」亜種の最大の特徴を「既知の脆弱性を利用する機能を取り込んだ」点にあると指摘。ロジテック社及びHuwwei社については、既に本件を通知したと発表しています。

また、今後も既知であるか未知であるかと問わず、様々な脆弱性を利用した攻撃が行われることを懸念し、関連組織と連携することでインシデントの低減に努めると述べています。

<参照>
NICTER 観測レポート ルータ製品の脆弱性を悪用して感染を広げる Mirai の亜種に関する活動(PDF)/国立研究開発法人 情報通信研究機構

国内の「Mirai」感染、12月18日の時点で約1.5万件/Security NEXT







  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。