新たなマルウェア「コインマイナー」が急増中

[更新]

この記事は約 2 分で読めます。



画像:トレンドマイクロセキュリティブログより

11月30日、ドレンドマイクロは同社が実施するセキュリティ調査において、2017年第3四半期の不正アクセス被害を発表しました。

増加するサイバー攻撃を知る上で大切な情報ですが、中でも特に目立ったポイントが「コインマイナー」の増加です。同社はウイルスでもランサムウェアでもない、全く新しいタイプのマルウェアとして警戒を呼び掛けています。

コインマイナーとは?

コインマイナーとは、「仮想通貨発掘プログラム」と呼ばれるマルウェアです。「コイン」の名の通り仮想通貨を対象として、「マイナー(採掘者)」として機能します。

と言っても、コインマイナーはランサムウェアのように感染したPCのデータベースを暗号化し、資産を略取するわけではありません。
感染したPCを利用して仮想通貨発掘「マイニング」を代行するプログラムです。

セキュリティ上は危険

コインマイナーはランサムウェアのように、感染直後から甚大な被害が生じるものではありません。しかし、トレンドマイクロはコインマイナーによる感染を許してしまうセキュリティ環境について、複数の問題点を指摘しています。

  • 脆弱なセキュリティシステムを悪用され、更なるマルウェアに感染する
  • サイバー犯罪者の収入源になったことで、事件発生時に問題視される可能性

2017第3四半期現在、コインマイナーの拡散を行う国内サイトは合計で1749件。これは2016年第1四半期と比較すると実に875倍という驚異的な数値です。新たなマルウェアとして警戒する必要を求められています。

<参照>サイバー犯罪者の狙いは「仮想通貨」に拡大、2017 年第 3 四半期の脅威動向を分析/トレンドマイクロセキュリティブログ

サイバー攻撃の標的は仮想通貨へ? コインマイナー拡散サイトが約875倍に増加/INTERNET Watch

 

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティニュース