11月29日、愛知県警は総務省に届出を行うことなく中継サーバ事業を行った容疑で、群馬県太田市の人材関係企業「強将」の樋口強(47)と劉可(31)ら合計2名を、電気通信事業法違反の容疑で逮捕したことを発表しました。

県警によると両容疑者が設営した中継サーバは、2017年2月19日~9月20日の間に稼働。国内を中心とした様々な不正アクセスに悪用されていた可能性が高いとのことです。

オンラインゲームがきっかけで発覚か

事件発覚のきっかけは、2017年3月に警察へ届いた1件の通報です。通報したのは名古屋市に居住する男性で「オンラインゲームのアイテムが盗まれた」と警察に訴えを展開。本件を契機に操作が進んだとのことです。

その後、県警は捜索途上で逮捕された「強将」の中継サーバを発見。容疑者らの逮捕に繋がったものと見られています。

国内不正アクセス事件の諸悪の根源との説も

逮捕された両容疑者ですが、社長である樋口容疑者は事実を認める一方、劉容疑者は容疑を否認しています。

双方の供述が割れており真相の解明には未だ時間が必要ですが、県警は中国からのアクセスを中継させることで、アクセス元を巧みに偽装していたものと見ています。

なお、今回の事件の発表を受け、一部では昨今急増している国内の不正アクセス事件の諸悪の根源と疑う意見も出ています。

<参照><愛知県警>無届けで中継サーバ事業 会社社長ら2人逮捕/毎日新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?