11月22日、米国当局の調査により、米国大手配車サービス「Uber technologies(ウーバーテクノロジーズ)」で外部からの不正アクセスが発生。約5,700万人の個人情報が流出していたことが明らかになりました。

米国当局の調査では、同社が口封じのために多額の金銭を払っていた可能性が高く、不正アクセスを取り巻く企業対応について注目が集まっています。

事件の隠匿を試みた疑い

米国メディアの報道によると、ウーバーテクノロジーズは2016年10月にソフトウェア開発サイト「GitHub」に記録されたコードを利用した不正アクセスを受け、氏名や連絡先など約5,700万人の個人情報が漏洩。

事態を察知した同社の担当者は、漏洩により被る企業ダメージを憂慮し、あろうことか攻撃者に対して10万ドル(1,100万円相当)を支払った疑いがあるとのことです。(担当者は同社により解雇)

米議会及びメディアは、同社が事実の隠匿を試みたとして、真相を追求する構えを見せています。

世界各国で追求が進む

なお、同社は米国にとどまらず、EUにオセアニア・アジア圏を含め幅広く活動している企業です。その為、今回の事件を受けて英国やオーストラリアでは、消費者保護や公正取引に対する観点から、政府機関による調査に着手。既に厳しい追及が進んでいます。

今回の事件は、不正アクセスに対する企業対応のあり方そのものを指し示す、恰好の事例となりそうです。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?