大阪富田林市|不正アクセス容疑で職員逮捕、人事資料39,000件を閲覧か

この記事は約 2 分で読めます。



大阪府警サイバー犯罪対策課は8月8日、大阪府富田林市の市役所職員、井坂行作容疑者(60)を不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕しました。

井坂行作容疑者は市役所内の人事担当者のIDやパスワードを不正に入手し、市役所内の同僚の懲戒処分や人事情報を盗取、コピーして自宅に持ち帰るなどの犯行に及んだとのことです。



流出した情報は人事資料最大39,000件

警察の捜査によると、同容疑者の犯行は2015年~2017年現在までの約2年間。その回数は430回と見られています。流出した情報は39,000件と異例に多く、その大半が懲戒履歴や人事情報など非常にデリケートな内容です。

現在において外部への流出は確認されておらず、その点は不幸中の幸いといったところでしょうか。

このような犯行に及んだ理由は、なんと“単純な好奇心”というシンプルなもの。同容疑者は捜査に対して「約5年前から興味のある人事資料を見ていた」と供述しており、話題を呼んでいます。

市職員のセキュリティリテラシーの低さが原因

今回の犯行は、盗取されたIDやパスワードが“職員番号やIDに数字を付け足しただけ”という簡易なものであったことが原因です。また、同容疑者はパスワード入力に際して「付け足す数字は適当に推測した」と述べているため、容易に推察できるものであったことは明白。

世間でも推測されやすいパスワードの設定は盛んに注意喚起されていることもあり、職員のセキュリティに対するリテラシーの低さは非難されて然るべきです。

<参照>
不正アクセス容疑、市職員逮捕=他人IDで人事資料閲覧―大阪府警/Yahoo!ニュース
他職員IDで人事情報のぞき見 大阪・富田林市職員を容疑で逮捕 2年で430回不正アクセス/Yahoo!ニュース

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ