画像:大阪ボランティア協会HPより

7月6日に社会福祉法人大阪ボランティア協会は、同協会が管理するボランティア活動の情報を提供しているKVネットのメールアカウントが第三者に不正利用され、迷惑メール送信に悪用されたことを発表した。

同協会によれば、7月3日に同サイトのメールアドレスで約4万件の迷惑メールが配信された。その日の段階ですぐにパスワードの変更を行い、その後の不正利用は確認されておらず、また、メールの管理会社を通じてメールセキュリティの強化を実施し、個人情報等の流出被害も確認されていないとのこと。

【今回不正利用されたメールアカウント】 kvnet@osakavol.org

同アカウントより心当たりがないメールを受信した場合は、開封せずに削除するよう注意を呼びかけている。

<参照>KV ネットのメールアカウント不正利用に関するお詫びとご報告(PDF)/大阪ボランティア協会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?