画像:大阪ボランティア協会HPより

7月6日に社会福祉法人大阪ボランティア協会は、同協会が管理するボランティア活動の情報を提供しているKVネットのメールアカウントが第三者に不正利用され、迷惑メール送信に悪用されたことを発表した。

同協会によれば、7月3日に同サイトのメールアドレスで約4万件の迷惑メールが配信された。その日の段階ですぐにパスワードの変更を行い、その後の不正利用は確認されておらず、また、メールの管理会社を通じてメールセキュリティの強化を実施し、個人情報等の流出被害も確認されていないとのこと。

【今回不正利用されたメールアカウント】 kvnet@osakavol.org

同アカウントより心当たりがないメールを受信した場合は、開封せずに削除するよう注意を呼びかけている。

<参照>KV ネットのメールアカウント不正利用に関するお詫びとご報告(PDF)/大阪ボランティア協会

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。