不正アクセス被害から約3カ月、住宅金融支援機構サイト再開へ|サイバーセキュリティ.com

不正アクセス被害から約3カ月、住宅金融支援機構サイト再開へ



画像:住宅金融支援機構サイトより

住宅金融支援機構の「団体信用生命保険特約料クレジットカード支払いサイト」が、不正アクセスを受けて、3月10日より同サイト停止していた問題で、同機構は同サイトの安全性を確認できたため、6月5日より再開したと公表した。

関連記事:GMO-PG、情報流出の調査報告-中長期的対策で改善図る

同サイトの運営を受託していたGMOペイメントゲートウェイでは、今回の脆弱性への対応や、システム開発プロセスの改善、再発防止策を実施し、第三者の専門会社による監査で安全性を確認したとのこと。

現在の対応状況について、対象となる顧客へはこれまでの対応経緯や安全性確保に向けた取り組み、特約料の支払い方法等について、6月上旬頃に案内を郵送するとのこと。また、本件専用の問い合わせ先ダイヤルを設置し、引き続き相談等にも対応する。

<参考>




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。