画像:住宅金融支援機構サイトより

住宅金融支援機構の「団体信用生命保険特約料クレジットカード支払いサイト」が、不正アクセスを受けて、3月10日より同サイト停止していた問題で、同機構は同サイトの安全性を確認できたため、6月5日より再開したと公表した。

関連記事:GMO-PG、情報流出の調査報告-中長期的対策で改善図る

同サイトの運営を受託していたGMOペイメントゲートウェイでは、今回の脆弱性への対応や、システム開発プロセスの改善、再発防止策を実施し、第三者の専門会社による監査で安全性を確認したとのこと。

現在の対応状況について、対象となる顧客へはこれまでの対応経緯や安全性確保に向けた取り組み、特約料の支払い方法等について、6月上旬頃に案内を郵送するとのこと。また、本件専用の問い合わせ先ダイヤルを設置し、引き続き相談等にも対応する。

<参考>

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。