画像:スタッフサービスHPより

大手人材派遣会社のスタッフサービスは、同社の元社員が在職中に、派遣登録者の個人情報を外部に持ち出し、1万5,000人余りの個人情報が流出していたと発表した。

同社によると、流出したのはスタッフサービスに人材派遣の登録などをしていた1万5,368人分の個人情報で、姓名のほか、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれている。

今回の問題は、4月19日に登録者からの問い合わせがあり、調査したところ翌日20日に発覚。
元社員がこれらの個人情報のデータをメールで外部に送信していたことがわかった。元社員は今年3月に同社を退職。退職前に別の人材派遣会社を設立していて、新会社の営業に活用するためにデータを持ち出したと話しているということ。

流出した個人情報について、同社はすでに回収済みであると説明。また登録者の性別や時給額、派遣先企業名などの営業情報も流出しており、引き続き調査を行っているという。

今回の問題を受けて同社は、対象となる登録者に詫びの書簡の発送、または、お詫びのメールを送るとともに、本件に関する専用の相談窓口を設置し、電話やメールでの問い合わせを受け付けている。

<参考>
ご登録者様の個人情報等の流出に関するお詫びとご報告/株式会社スタッフサービス・ホールディングス・株式会社スタッフサービス
登録者情報が外部流出、従業員の持出で - スタッフサービス/Security NEXT
大手人材派遣会社 1万5000人余の個人情報流出/NHK NEWS WEB

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。