画像:Re:CENOより

2017年2月22日、株式会社Flavorは、同社が運営する家具・インテリア通販サイト「Re:CENO公式オンラインショップ」において発生した不正アクセスにより、顧客情報17,085件が流出した疑いがあるとの発表を行いました。

事件詳細

2016年11月16日 クレジットカード決済代行業者よりカード情報の流出懸念の連絡が入る
2016年11月17日 オンラインショップでのクレジットカード決済を停止、第三者調査機関へ調査依頼
2017年1月18日 調査機関より報告を受け、関連機関との対応協議

不正アクセスの原因としては、ウェブアプリケーションの脆弱性を突いた外部からの不正アクセスとの発表がなされています。

流出が懸念されている情報の詳細は下記です。

  • 2016年4月1日~11月14日の期間、Re:CENOにてクレジットカード決済を行った顧客
  • 17,085件
  • クレジットカード情報
    ・カード番号
    ・カード名義
    ・有効期限
    ・セキュリティコード

今後の対応について

同社では、二次被害の防止を最優先事項とし、警察機関・関係官庁及びクレジットカード会社と連携を取りながら対応を進めているとのことです。

また、差異はt防止策として、カートシステムの全面刷新やセキュリティ体制の強化えお掲げています。

<参照>
弊社の運営サイト「Re:CENO公式オンラインショップ」における不正アクセスによるお客様情報流出懸念に関するご報告とお詫び/株式会社Flavor

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事