グリーのシステムに不正アクセス、情報流出はないとの発表

この記事は約 2 分で読めます。



画像:グリー株式会社HPより引用

2016年12月27日、グリー株式会社(以下グリー)は同社が運営するSNS「GREE」及びスマートフォン向けゲームアプリ管理システムに対しての不正アクセスを確認したとの発表を行いました。

今回の不正アクセスによって、ユーザーの個人情報が流出した事実は確認されていないとのことです。

事件の経緯

2016年12月20日(火)1時25分頃 サーバー障害発生、原因調査を開始
同日18時50分頃 意図しないアクセスおよび操作の可能性が高いと判明

不正アクセス判明後の対応

同社では、不正アクセスが行われたPC、サーバーの特定・対策を進め、個人情報の流出がないかの調査を開始し、調査の結果、情報の流出は確認されなかったとのことです。

その他具体的対策が下記です。

  • 社外の不審なサーバー複数台との通信を遮断
  • 社外の不審なサーバーとの通信があった端末の停止
  • 社外の不審なサーバーとの通信があった端末経由でアクセスがあった商用サーバーの停止
  • 端末および商用サーバー上で不正に利用されたアカウントの凍結
  • 社内システム用パスワードの一斉更新

弊社サーバーへの不正アクセスについて/グリー株式会社ニュースリリースより引用

今後の対応

同社では、今回の不正アクセスに関する原因究明・再発防止を引き続き進めていくとのことです。

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ