サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

警視庁がウイルス付きメール拡散中と警戒情報発信-件名「添付写真について」

  • LINEで送る

ニュースの概要

警視庁などがTwitter公式アカウントにて、ウイルス付きメールが拡散していると注意を呼びかけている。

一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では、警視庁と連携し問題のメールの具体例を掲載。「添付写真について」という件名で、添付写真と同じ見積書を下さいといった内容のメールだが、添付されたファイルは写真や文書等を装ったマルウェアの為、誤ってファイルを開くとウイルスに感染してしまうという。

その後の対応

JC3によると、上記例以外にも同様のメールが数多く配信されているため、添付ファイルの開封を促す、またはリンク先サイトの閲覧を促すといった不審なメールには十分に注意するよう呼びかけており、今後も警視庁や警察庁などのTwitter公式アカウントと共に注意喚起の実施に努めるとしている。

考察

今後もメールの拡散は続くようなので、不審なメールの誘導には従わないこと、また警視庁などの発信する情報を確認して、危機管理の意識を持つことが大切だ。

関連リンク
警視庁広報課Twitter公式アカウント
警視庁犯罪抑止対策本部Twitter公式アカウント
警察庁Twitter公式アカウント
JC3による報告

 

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。