サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

韓国流行の不正送金マルウェアが日本へ-被害も確認



ニュースの概要

オンラインバンキングへのアクセスの際に、中継サーバを利用して認証情報を盗むマルウェア「KRBanker」による不正送金の被害が発生しているという。

同マルウェアは、「Blackmoon」としても知られるマルウェアで、少なくとも2014年初めより活動を開始していると見られ、これまでは主に韓国の金融機関が対象となっていた。

日本国内での活動がわかったのは7月末。トレンドマイクロによると、8月中旬の時点で検知数は300件にのぼっている。

同マルウェアの手口は、オンラインバンキングへアクセスする際に、正規サイトへのアクセスを偽サイトへとリダイレクトさせ、その過程で認証情報を盗み出すファーミングを行っていた。

国内8金融機関の他、検索エンジンや社団法人が対象となっており、検索エンジンを利用すると「金融監督庁」と騙った不正なポップアップを表示し、注意喚起と見せかけてファーミング対象のオンラインバンキングへ誘い出し、認証情報を入力させようとしていたという。

ブラウザ上のアドレスバーに表示されているドメイン名は正規のものであるため、利用者は異変に気付かずに認証情報を入力してしまう危険性があり、すでに警察庁では同マルウェアを原因とした不正送金を確認しているという。

その後の対応

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)やセキュリティベンダーでは、同マルウェアに関する詳細情報を公開し、注意喚起を呼び掛けている。

考察

正規サイトからアクセスしても、そこから知らないうちに偽サイトへと誘導されてしまい、アドレスバーにも正規URLが表示されているとなると、自分の目で確かめるというのには限界があるように思われる。やはり、セキュリティ対策製品を利用することが大切なのだろう。

関連リンク
日本サイバー犯罪対策センターによるマルウェア情報
フォーティネットジャパンによるセキュリティブログ
トレンドマイクロによるセキュリティブログ

 

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。