不正アクセスでパスワード漏洩か-カゴヤ・ジャパン

ニュースの概要

2016年9月18日、レンタルサーバ―やクラウドサービスを提供しているカゴヤ・ジャパンは、同社システムに不正アクセスを受け、利用者のパスワードが漏洩した可能性があると発表した。

不正アクセスを受けた原因や与える影響等の詳細については確認作業を進めているが、同社提供の複数のサービスにおいて、契約しているアカウントのパスワードが漏洩した可能性があるという。

その後の対応

同社では、緊急対応としてパスワードを強制的に変更、サービスの利用者には変更手続き完了後にメールにて通知し、そこからパスワードの再発行を行うよう呼び掛けている。

関連リンク
カゴヤ・ジャパンによる報告とお詫び

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?