ニュースの概要

読売テレビの子会社で、番組のネット配信に関わる業務や音楽の著作権管理、グッズの作製・販売等を手がける「読売テレビエンタープライズ」(大阪市中央区)は、国際的ハッカー集団「アノニマス」によるとみられるサイバー攻撃を受けたと2016年9月16日、明らかにした。

同社によると5日、アノニマスを名乗り、同社のホームページ管理者しか閲覧できないはずの会社情報画面の画像がツイッター上に投稿され、6日に大阪府警の問い合わせで発覚したという。

その後の対応

HPの改ざんや個人情報漏洩等の被害はなく、すぐに不正アクセスを防ぐ措置を講じた。読売テレビ総合広報部は「同様のことが起きないようグループ全体でセキュリティー管理に努めたい」とコメントしている。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?