ニュースの概要

2016年9月6日、インターネットの印刷通販事業を展開するグラフィックは、今年の7月に報告していた顧客情報(8,985件)の流出に関する事案について、新たにクレジットカード情報の一部も含まれている事が分かったと明らかにした。

同社では、7月に外部から不正アクセスを受け、顧客の住所・氏名・電話番号・メールアドレス等が流出した事を公表。一方でクレジットカード情報に関しては、顧客からの預かり自体が無いため、流出の可能性は無いとしていた。

しかし調査を進めたところ、顧客情報を管理するデーターベースの決済ログに、クレジットカード情報等(クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコード・グラフィックの会員ID)が含まれていた事が分かった。

これまでの調べによって、395件の情報流出を確認しているが、顧客の特定が出来ない為、2010年7月21日から2016年7月23日までにクレジットカード決済を利用した192,594件の全ての顧客情報に流出の可能性があるという。

その後の対応

同社では、該当する顧客にたいして順次謝罪メールを送信するほか、QUOカード500円分をお詫びとして発送するとしている。また、身に覚えのないクレジットカードの利用履歴がある顧客に対しては、カード発行会社への連絡を求めるとともに、Webサイトのパスワードの変更するよう呼びかけている。

関連リンク
グラフィックによる公式報告

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?