サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

スマホがハッキングされた?乗っ取りの手法、確認方法、対処法を徹底解説



※この記事は2021年9月に更新されています。

ハッキングとは、悪意をもった攻撃者が、金銭や情報の盗取、いたずら目的で不正アクセスする行為です。

ハッキングと聞くとパソコンを思い浮かべる方が多いかと思われますが、スマートフォンが普及したことによりスマホをターゲットにしたハッキング被害も急増しています。

そこで今回は、スマホが乗っ取られる原因や、ハッキングの疑いがある際の確認方法・対処法を実例を元に徹底解説します。

PCのハッキング・乗っ取りについてはこちらをご覧ください。

スマートフォンのハッキング・乗っ取りとは

ハッキングとは、悪意をもった攻撃者が、金銭や情報の盗取、いたずら目的で不正アクセスする行為を指します。ハッキングには様々な手法があり、スマートフォンの場合もiPhoneやandroidの機種を問わず誰でも被害を受ける可能性があります。

スマートフォンがハッキングされ攻撃者に乗っ取られると、第三者によって遠隔操作が行われたり、ウイルスに感染しスマートフォンが安全に操作できないようにされてしまいます。

スマホは電話・メールの連絡手段だけでなく、写真・口座情報のような個人情報を多く管理しているため乗っ取られてしまうと甚大な被害に繋がりかねません。スマートフォンが乗っ取られた際の主な被害として下記のようなものがあげられます。

  • 個人情報漏洩
  • ネットバンキング、オンライン決済、仮想通貨の不正送金
  • SNSアカウントの不正利用
  • 位置情報漏洩
  • 遠隔操作による盗撮・盗聴
  • 不正ログインによるデータ改ざん
  • 身に覚えのないメッセージの受信・送信
  • スマホのバッテリーの減りが早い、異常に重たい等の動作不良

自らが安全に利用できないだけでなく、SNSの不正ログインのように二次的な被害を及ぼすことが多いためスマートフォンの乗っ取りは非常に危険です。

スマホがハッキングされると「ハッキングされています」「あなたはハッキングされた可能性があります」といった警告が画面に表示されるケースがあります。

しかし大抵の場合、自分のスマホがハッキングされているかどうか気付きづらいため、知らないうちに被害にあわれる方も多いようです。

スマートフォンがハッキングされる原因

スマートフォンがハッキングされ、乗っ取りを招いてしまう主な原因をご紹介します。

  • 不正なWi-Fiアクセスポイントの利用
  • 不正なアプリやメールによるウイルス感染
  • フィッシング

不正なWi-Fiアクセスポイントの利用

スマホの普及と共に無料で利用可能なWi-Fiのアクセスポイントも増加し、日常的に利用している方も多いでしょう。

無料のアクセスポイントは非常に便利ですが、まれに情報の盗取を目的とした不正なWi-Fiアクセスポイントが設置されていることがあります。パスワードが設定されていない公共のWi-Fiは、通信内容をハッカーに盗み見られる可能性があります。安易に接続しログインIDやパスワードを入力すると、情報が第三者に渡り、乗っ取りの被害を受けるリスクがあります。セキュリティ対策の行われていないWi-Fiアクセスポイントは利用を控えましょう

不正なアプリやメールによるウイルス感染

悪意を持って作られたアプリケーションを誤ってインストールすると、知らないうちにハッキングの被害を受け、ウイルスに感染させられたり、ハッカーに情報を盗まれる可能性があります。

アプリの使用が問題なくできる場合でも、内部に不正なプログラムが隠されており気づかないうちに被害にあってしまうこともあります。

身に覚えのないアプリケーションがインストールされていたり、知らない宛先からのメールや知らない番号からのSMSメッセージが届いた際は注意が必要です。

フィッシング

フィッシングとは、メールや偽のWebページからスマートフォンを乗っ取り、クレジットカード番号やSNSなどのアカウント情報を盗む行為のことを言います。最近では、本物のwebサイトと見分けがつかないほど巧妙になっており被害も増えています。

また、ログイン時のキーボードの操作を盗み見ることでパスワード等のアカウント情報を窃取するショルダーハッキングもフィッシングに含まれる手法とされています。

スマートフォンのハッキング手口

スマートフォンのハッキング・乗っ取りの際によく使用されるサイバー攻撃の手口を紹介します。

  • 総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)
  • 辞書攻撃
  • ゼロデイ攻撃

総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)

IDとパスワードを用いてログインするために、予測できるパターンを全て総当たりで試して合致する組合せを見つける攻撃手法です。今日ではコンピュータの処理能力が向上しているため、簡単な文字列で構成されたIDとパスワードの組合せは、比較的短時間で破られてしまう可能性があります。

辞書攻撃

ユーザーの誕生日や人名録、パスワードによく用いられる単語をリスト化し、順番に照合する攻撃手法です。たとえば「user」や「password」、「0123」のように簡単に推測できる文字列をIDやパスワードに設定していると、簡単にハッキングされてしまう危険性があります。

ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃とは、アプリケーションやOSに脆弱性(セキュリティホール)が見つかった際、修正プログラムが配布される前にハッカーが攻撃を行うことを指します。使用しているアプリケーションやOSは、古いバージョンは利用し続けないよう定期的に更新を行いましょう。

スマートフォンがハッキング・乗っ取られているか確認する方法

少しでも乗っ取りの疑いがある場合は、下記の確認方法を試しましょう。紹介した症状に、一つ以上当てはまる場合は、スマホがハッキングされている可能性があります。

  • セキュリティソフトを利用し確認する
  • メールやWeb使用履歴のチェック
  • 通信料のチェック
  • 専門業者に相談

セキュリティソフトを利用し確認する

スマホの乗っ取りはウイルス感染で引き起こされるケースが多いため、セキュリティソフトを利用することで、感染していないかをチェックすることができます。しかし、セキュリティソフトでは基本的にウイルス感染の確認しかできない点に注意が必要です。

メールやWeb使用履歴のチェック

履歴を確認し、登録した覚えのないサービスからのメールや覚えのないSNSアカウントのログイン・パスワード変更メールなどがある場合は、スマートフォンが乗っ取られている危険性があります。利用していないアプリケーションは定期的に見直し、アンインストールしてください。

通信料のチェック

遠隔操作や不正なアプリが気づかないうちに動いていると通信料が増えるため、身に覚えがないにもかかわらず通信料が急増している場合はスマートフォンが乗っ取られている可能性が高いです。

専門業者に相談

個人での原因特定には限界があり、乗っ取られていることに気が付かずそのままスマートフォンの使用を続けると、自分が加害者となってしまうなど更なる被害に繋がりかねません。乗っ取りやハッキングの手法は様々であるため、正確な事実確認を行いたい場合は、専門業者に相談するのが最善の方法です。業者によっては、相談・見積りまで無料で対応しているため、個人での対処が難しい場合は専門業者に相談してみましょう。

相談・見積り無料のおすすめ業者はこちら

スマートフォンが乗っ取られたときの対処法

スマートフォンが乗っ取られている疑いがある際は、下記の対処法を行いましょう。適切なセキュリティ対策を行えば、スマートフォンをハッキング・乗っ取りの被害から守ることができます。

  • 不審なアプリのアンインストール
  • アプリやOSを最新の状態に保つ
  • 強固なパスワードに変更する
  • 2要素認証の利用
  • 最新のセキュリティ製品を導入する
  • 専門業者に相談する

不審なアプリのアンインストール

身に覚えのないアプリや公式ストア以外からインストールしたアプリはアンインストールするようにしましょう。Google PlayやApp Storeは不正なアプリがないか審査していますが、巧妙なアプリは審査を潜り抜けインストールできてしまう場合もあります。スマホの動作が重い・通信料が急増したなど乗っ取りの疑いがある場合は直前にインストールしたアプリもアンインストールしておくことをおすすめします。

アプリやOSを最新の状態に保つ

アプリケーションやOSの脆弱性を突かれないよう、定期的に更新を行いましょう。また、古いパソコンやスマホで利用しているOSは次第にサポート対象から外されていくため、古い機種であればセキュリティ対策としてOSのアップデートや端末の買い替えをおすすめします。

強固なパスワードに変更する

ハッキングの疑いがある場合は、速やかにネットバンキングやECサイト、SNS等のパスワードを変更しましょう。この際、ハッキングの疑いがある端末はすでに情報を盗取されている可能性があるため、必ず他の端末から再設定を行ってください。また、乗っ取りに気が付かずパスワードを変更されてしまった場合は、不正送金等を阻止するためにアカウントを利用停止する必要があります。サービスの運営元に問合せましょう。

誕生日やpasswordなど推測しやすい文字列をパスワードとして設定していると、ハッキングの被害を受ける可能性が高まります。パスワードは必ず英数字とアルファベット、記号を組み合わせた個別のものを設定するようにしてください。

2要素認証の利用

2要素認証とはユーザーがサービスにログインする際にIDとパスワード以外に確認コードや生体認証のステップを追加し、セキュリティの安全性を高める認証方法です。2要素認証を利用することで、万が一IDとパスワードが漏洩してしまっても、第三者による不正ログインを阻止できる確率を高められます。インターネットバンキングやECサイト、SNSの登録時には2要素認証の設定を行いましょう。

最新のセキュリティ製品を導入する

ハッキングの際行われるサイバー攻撃は、従来のセキュリティソフトでは防げないことが増えています。

しかし、最新のセキュリティ製品には、端末への不審な動きを常に監視したり、外部との不正通信を遮断したりする前提の機器も存在しています。

セキュリティ対策のおすすめ製品については、下記の記事で詳しく紹介しています。

専門業者に相談する

専門業者に相談し、実態確認の必要があると判断された場合は「フォレンジック」という技術を用いての対応依頼が可能です。フォレンジックとは、パソコンやスマートフォンの端末を調査し、不正通信や情報漏洩が発生していないかを調べる「デジタル鑑識」技術です。こちらは個人での確認とは異なり、費用がかかるサービスになるため注意が必要ですが、基本的に依頼の有無は見積りを見てから判断できるため、不安な場合は依頼の有無にかかわらず、まずは専門家の無料相談を利用してみることが解決の第一歩です。

フォレンジック調査についての詳細は下記のページで説明しています。

おすすめの専門業者

無料相談を実施しているおすすめの専門業者として「デジタルデータフォレンジック」を紹介します。

デジタルデータフォレンジック


公式HPデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、個人はもちろん、大手企業や警察からの依頼も多数解決しているため、実績・経験は申し分ないフォレンジック調査対応業者です。フォレンジック調査に対応している業者では珍しく個人のハッキング調査にも対応している特長があります。さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

相談から見積もりまで無料で行っているので、フォレンジック調査を検討している際は、まずは実績のあるデジタルデータフォレンジックに相談すると良いでしょう。

費用 ■相談から見積もりまで無料
※機器の種類・台数・状態によって変動
調査対応機器 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカードなど
調査実施事例 警察からの捜査依頼(感謝状受領)、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、マルウェア・ランサムウェア感染調査など
特長 大手企業や警察を含む累計14,233件の相談実績
個人での調査依頼にも対応
■「Pマーク」「ISO27001」取得済のセキュリティ

デジタルデータフォレンジックのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回はスマホがハッキングされ乗っ取られてしまう原因や、ハッキングされたかを確認する方法を解説しました。スマートフォンは大変便利である一方、個人情報が数多く保存されているため、乗っ取られてしまうと重大な被害に繋がる恐れがあります。

ハッキングや乗っ取りの手口は技術の進歩とともに年々巧妙化しており、事実や被害の特定は難しくなっています。少しでも乗っ取りの疑いを感じた際は今回ご紹介した個人での対処方法や、専門業者の活用など様々な手法を試し、安心安全な利用を心がけましょう。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。