サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

スマホがハッキングされたかも?乗っ取りの原因、確認方法、対処法を徹底解説

  • LINEで送る

ハッキングと聞くとパソコンを思い浮かべる方が多いかと思われますが、スマートフォンが普及したことによりスマホをターゲットにしたハッキング被害も急増しています。

スマホでは電話・メールなどの連絡手段だけでなく、写真・口座情報など個人情報を多く管理しているため乗っ取られてしまうと甚大な被害に繋がりかねません。

そこで今回は、スマホが乗っ取られてしまう原因と乗っ取りの疑いがある際の確認法・対処法を実際の事例を元に徹底解説します。

スマートフォンの乗っ取りとは

スマートフォンの乗っ取りは第三者が遠隔操作やウイルスなどでスマートフォンの操作を不能にする行為を指します。

  • 個人情報漏洩
  • アカウントの不正利用
  • 位置情報漏洩
  • 遠隔操作による盗撮・盗聴
  • データ改ざん
  • 機器の操作不良

上記がスマホ乗っ取りの主な被害です。操作不能だけでなくSNSの不正ログインなどにより二次的な被害を及ぼすことが多いためスマートフォンの乗っ取りはとても危険性があります。さらに、自分のスマホが乗っ取られているかどうかが気づきづらいことが特徴であるため、知らないうちに被害にあわれる方も多いようです。

スマートフォンが乗っ取られてしまう原因

スマホ乗っ取りの主な原因をご紹介します。

不正なWi-Fiアクセスポイント

スマホの普及と共に無料で利用可能なWi-Fiのアクセスポイントも増加し、日常的に利用している方も多いと思います。無料のアクセスポイントは非常に便利ですが、まれに不正なWi-Fiアクセスポイントが設置されていることがあります。万が一接続してしまうと乗っ取られてしまうため、セキュリティ不要のWi-Fiアクセスポイントなどの利用には注意が必要です。

不正なアプリ・ウイルス感染

アプリの中には悪意を持って作られたものがあり、インストールをしてしまうとウイルス感染やハッキングされてしまいます。アプリの使用が問題なくできる場合でも、内部に不正なプログラムが隠されており気づかないうちに被害にあってしまうこともあります。

フィッシング

フィッシングとは、メールや偽のWebページからスマートフォンを乗っ取り、クレジットカード番号やSNSなどのアカウント情報を盗む行為のことを言います。最近では、本物のwebサイトと見分けがつかないほど巧妙になってきており被害も増えています。

また、ログイン時のキーボードの操作を盗み見ることでパスワード等のアカウント情報を窃取するショルダーハッキングもフィッシングに含まれる手法とされています。

スマートフォンが乗っ取られているか確認する方法

スマホのハッキングは気がつくことが難しいため、少しでも乗っ取りの疑いがある場合は、被害を大きくしない為にも下記の確認法を試しましょう。

セキュリティソフトの利用

スマホ乗っ取りはウイルス感染で引き起こされるケースが多いため、セキュリティソフトを利用することで、感染していないかをチェックすることができます。しかし、セキュリティソフトではウイルス感染のみの確認しかできない点に注意が必要です。

メールや使用履歴のチェック

登録した覚えのないサービスからのメールや覚えのないSNSアカウントのログイン・パスワード変更メールなどがある場合は、スマートフォンが乗っ取られている危険性があります。

通信料のチェック

遠隔操作や不正なアプリが気づかないうちに動いていると通信料が増えるため、身に覚えがないにもかかわらず通信料が急増している場合はスマートフォンが乗っ取られている可能性が高いです。

専門業者に相談

個人での原因特定には限界があり、乗っ取られていることに気が付かずそのままスマートフォンの使用を続けると、自分が加害者となってしまうなど更なる被害に繋がりかねません。乗っ取りやハッキングの手法は様々であるため、正確な事実確認を行いたい場合は、専門業者に相談するのが最善の方法です。業者によっては、相談・見積りまで無料で対応しているため、個人での対処が難しい場合は専門業者に相談してみましょう。

相談・見積り無料のおすすめ業者はこちら

スマートフォンが乗っ取られてしまったときの対処法

スマートフォンが乗っ取られている疑いがある際は、下記の対処法を行いましょう。

不審なアプリのアンインストール

身に覚えのないアプリやGoogle Play・App Store以外からインストールしたアプリはアンインストールするようにしましょう。Google Play・App Storeは不正なアプリがないか審査していますが、巧妙なアプリは審査を潜り抜けインストールできてしまう場合もあるためスマホの動作が重い・通信料が急増したなど乗っ取りの疑いがある場合は直前にインストールしたアプリもアンインストールしておくこともおすすめ致します。

パスワード変更

スマホの乗っ取りの疑いがある場合は、速やかにSNS・ECサイト等のパスワードを変更しましょう。また、乗っ取りに気が付かずパスワードを変更されてしまったらアカウントを停止する必要があるためサービス元に連絡しましょう。

専門業者に依頼

専門業者に相談し、作業の必要性があると判断された場合は、「フォレンジック」という技術を用いての対応依頼が可能です。こちらは個人での確認とは異なり、費用がかかるサービスになるため注意が必要ですが、基本的に依頼の有無は見積りを見てから判断するため、依頼の有無にかかわらず、まず専門家の無料相談を利用してみることが解決の第一歩です。

フォレンジック調査についての詳細は下記のページで説明しています。

おすすめの専門業者

無料相談を実施しているおすすめの専門業者として「デジタルデータフォレンジック」を紹介します。

デジタルデータフォレンジック


サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは11年連続国内売上No.1のデータ復旧業者が提供するデジタルフォレンジックサービスです。

個人のハッキング調査から企業の不正アクセス調査まで、法人/個人を問わず対応している業者になります。(国内にフォレンジック業者は数社しかなく、ほとんどが法人対応のみ。)

また、警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから、サイバーインシデント調査のプロだということが分かり、実績面でも信頼ができます。個人のハッキング調査、パスワード解析に加えて、法人の社内不正調査やサイバー攻撃の被害調査まで、幅広い対応を可能としている汎用性の高い業者です。

費用 電話かメールにてお見積り
調査対象 スマートフォン、タブレット、PC、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービス ハッキング・不正アクセス調査、マルウェア・ランサムウェア感染調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、データ改ざん調査など
特長 年中無休で無料相談が可能
11年連続国内売上No.1のデータ復元サービス
警視庁からの捜査協力依頼実績が多数あり

まとめ

今回はスマホが乗っ取られてしまう原因と乗っ取られてしまった疑いがある場合の確認法・対処法を解説しました。スマートフォンは大変便利である一方、個人情報が数多く保存されているため、乗っ取られてしまうと重大な被害に繋がる恐れがあります。

しかし、ハッキングや乗っ取りの手口は技術の進歩とともに年々巧妙化しており、事実や被害の特定は難しくなっています。少しでも乗っ取りの疑いを感じた際は今回ご紹介した個人での対処方法や、専門業者の活用など様々な手法を試し、安心安全な利用を心がけましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。