12/13(火)開催|サイバーセキュリティは経営課題から経営責任へ、DX時代において多様化・巧妙化するリスクと対策の最前線|サイバーセキュリティ.com

12/13(火)開催|サイバーセキュリティは経営課題から経営責任へ、DX時代において多様化・巧妙化するリスクと対策の最前線



あらゆるものにITが活用され、DXが社会に浸透してその効用が発揮される一方、情報セキュリティ面のリスクが増大し、それに対するガバナンス強化も謳われるようになりました。また、経済安全保障の観点から、自社グループのみならず、ビジネスパートナーや自社のサプライチェーンまでを含めたサイバーセキュリティの確保が重要となっています。

このようなビジネス環境において、CISOをはじめとした経営層は、セキュリティ対策を一過性の「経営課題」と捉えるのではなく、ステークホルダーに損害を与えないための「経営責任」ととらえ、リーダーシップを十分に発揮することが求められています。

本カンファレンスでは、サイバーセキュリティ対策を推進するために、経営層やITセキュリティ部門が、どのような役割を果たさなければならないのかについて考察・提言していきます。

サイバーセキュリティ.com限定特典
当サイトより本イベントにお申し込みいただき、当日ご参加された方を対象に後日Amazonギフト券500円をお送りいたします!
※イベント終了後参加者の確認を行いますので、送付は2023年1月中旬を予定しております。
※重複でのお申し込みは対象外となります。(お名前・メールアドレス・電話番号・IPアドレス・その他項目で確認)

プログラム

ご挨拶

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社/ 代表取締役社長
柿木 彰氏

【基調講演】新たな社会を実現するためのデジタルアーキテクチャとセキュリティ

慶應義塾大学大学院 / システムデザイン・マネジメント研究科 / 教授
白坂 成功(しらさか せいこう)氏

AI、IoT、通信などの技術の進化により、ビジネスだけでなく、社会・産業も大きく変革の時期を迎えている。本講演では、アーキテクチャの考え方を説明した上で、単なるデジタル利用で終わるのではなく、新たな価値創造につなげていくためのアプローチとその際に考慮するべき点、特にセキュリティとそれを含むガバナンスのあり方等について、具体的な例も含めて紹介する。

1,800社への実態調査が示唆するサイバーセキュリティ経営の要諦~CISOが果たすべきリーダーシップと近未来に備えるべきこととは~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 / DXセキュリティプラットフォーム事業本部 / 本部長
足立 道拡氏

日本企業はサイバーセキュリティ脅威が高度化・複雑化する中で、セキュリティ人材不足という逆風を前提として、セキュリティ対策を実践していく必要がある。本年実施した1,800社へのセキュリティ実態調査の結果から見えてきた、CISOがサイバーセキュリティ経営でリーダーシップを発揮するための具体的な要諦と近未来への備えについて解説する。

デジタルトラストを巡る国内外の議論動向と事業者に求められる対応

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 / セキュリティアーキテクチャコンサルティング部 / シニアセキュリティコンサルタント
藤井 秀之氏

2023年は日本でG7が開催される年であり、デジタル領域においても日本が提唱しているDFFT(信頼性のある自由なデータ流通)の実現に向けた具体的な議論がなされる予定となっている。この実現においては、DFFTのT(Trust)を如何に確保するかが、重要な論点の一つとなる。

本講演では、デジタル上のトラスト確保・強化にあたり、検討が必要となる論点として、デジタルアイデンティティ管理やサプライチェーンにおけるセキュリティリスクなどを紹介した上で、経済安全保障法制を始めとする国内外の法規制の議論動向等も踏まえ、企業に求められる対応について紹介する。

DX時代におけるサイバーセキュリティ対策の本質~求められるセキュリティの「質」と「量」~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 / DXセキュリティコンサルティング事業本部 / 本部長
観堂 剛太郎氏

DXの進展とクラウドシフトの加速により、企業における攻撃対象領域(アタックサーフェス)が拡大している。加えて、重要インフラ事業者においては監督官庁からのセキュリティ対策推進や法令遵守の要請が強まっている。これらの状況の中で、多様な脅威に打ち勝ち、企業がためらいなく新たなビジネスに挑戦していくためには、サイバーセキュリティ対策を抜本的に見直す必要がある。そして、重要システムだけではない裾野への対応と、シフトレフトがそのカギを握る。DX時代において企業に求められるサイバーセキュリティ対策の本質について解説する。

サイバーフィジカル時代の経営とセキュリティ

株式会社 企 / 代表取締役
クロサカ タツヤ 氏

5G、AI、IoT等のデジタル技術の進化は私たちの日常生活を大きく変化させ続け、ネットと現実の境目がない「サイバーフィジカル」の時代が到来しつつある。コンシューマ起点で進むデジタル技術の浸透は企業のDX対応を促す一方、DX時代の企業活動におけるセキュリティは、ステークホルダ全体への「責任」を果たすことともはや同義である。ランサムウェアをはじめサイバー攻撃が跋扈し、経済安全保障への対応が求められる時代のセキュリティの在り方について、企業経営の視点から「あるべき姿」を検討する。

講演内容は変更になる場合がございますので予めご了承ください。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
公式サイトhttps://www.amiya.co.jp/amiya_securityblaze2022/

イベント詳細

開催日時 2022年12月13日(火) 14:00〜16:25
開催方法 オンライン配信
参加費 無料(事前登録制)
定員 500名
対象 企業の経営者、CIO、CISO、情報セキュリティ部門の意思決定者
※本セミナーは視聴対象者を限定しております。対象外の方のご参加はお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。視聴対象者以外の方、協賛企業と競合の方、個人、学生の方の視聴はご遠慮いただいております。
主催 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、東洋経済新報社

参加特典Amazonギフトカード500円進呈

当サイトより本イベントにお申し込みいただき、当日ご参加された方を対象に後日Amazonギフト券500円をお送りいたします!

※イベント終了後参加者の確認を行いますので、送付は2023年1月中旬を予定しております。
※重複でのお申し込みは対象外となります。(お名前・メールアドレス・電話番号・IPアドレス・その他項目で確認)

お申し込み

    個人情報の取扱い
    ●ご記入いただいた個人情報は東洋経済新報社およびお客様のご請求された資料等を提供する当該広告主がそれぞれ取得し、各社の責任において管理され、ご案内等をさせていただきます。
    ●今後、ご連絡いただいた住所やメールアドレス等に、弊社およびグループ会社、ならびに、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社より各種ご案内をお送りするほか、各社がプライバシーポリシーにおいて掲げる利用目的のために利用する場合がございます。

    東洋経済新報社 プライバシーポリシー
    NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 プライバシーポリシー

    上記「個人情報の取扱い」について 必須

    ※本フォームではCookie情報を通してお客様のWeb閲覧状況を個人情報と紐付けて取得しています。

    事前の視聴確認について 必須
    ※お勤め先のセキュリティポリシーの関係などにより、視聴できない場合がございます。
    必ず事前にご視聴予定のデバイスで、下記サイトでの視聴確認をお願いします。
    視聴確認サイト(V-Cubeサイト)

    お名前 必須

    お名前 (フリガナ) 必須

    会社名 必須

    部署名 必須

    役職名 必須

    郵便番号 必須

    都道府県 必須
    ※海外からお申込の場合は「海外」を選択ください。

    市区町村 必須

    番地・ビル名 必須

    電話番号 必須

    メールアドレス 必須

    メールアドレス (確認用) 必須

    業種 必須

    職種 必須

    役職 必須

    貴社の従業員数をお聞かせください 必須

    貴社の売上高をお聞かせください 必須

    社内への製品/サービスの導入権限についてお聞かせください 必須

    本イベントは、何でお知りになり申し込みましたか? 必須


    書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


    当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
    (実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


    ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

    無料会員登録はこちら

    SNSでもご購読できます。