アイテス、ランサムウェア感染で取引先情報流出か|サイバーセキュリティ.com

アイテス、ランサムウェア感染で取引先情報流出か



画像:株式会社アイテスより引用

株式会社アイテスは2023年10月23日、同社のシステムがランサムウェアに感染し、対象システムで管理していた一部データが流出した可能性があると明らかにしました。

アイテス社によると2023年10月20日、社内サーバーに対するランサムウェアによる不正な攻撃が行われたことが判明しました。同社は判明後、社内サーバーをネットワークから隔離するなどの措置を講じましたが、同社が保有する取引先情報が流出した可能性があると明らかになりました。

同社は現在、原因や影響範囲を特定するため調査を継続しています。新たな事実が判明した場合、随時報告するとのこと。なお、ホームページやメールサーバー等に影響はなく、情報の不正利用等も確認されていないとしています。

参照当社に対するランサムウェア攻撃による情報流出の可能性に関するお詫びとご報告/株式会社アイテス


セキュリティ対策無料相談窓口


「セキュリティ対策といっても何から始めたら良いかわからない。」「セキュリティ対策を誰に相談できる人がいない。」等のお悩みのある方、下記よりご相談ください。

無料相談はこちら

SNSでもご購読できます。