サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

地方公務員災害補償基金の大阪府支部が不正アクセス被害、2万件の迷惑メール



画像:大阪府より引用

大阪府は2021年12月7日、公務災害による災害補償などを担当する地方公務員災害補償基金の大阪市支部が管理するホームページ運営用のウェブサーバーを狙った何者かの不正アクセスを確認したと明らかにしました。

大阪府によれば、攻撃者は被害サーバーを踏み台にして外部に向け約2万件の不審なメールを送信しているとのこと。また、サイトコンテンツが不正に改ざんされた可能性もあるとして、コンテンツの停止を実施を決定しました。

大阪府は災害補償基金の不正アクセス被害に伴い、府のウェブサイトに臨時ページを設置し対応しています。被害サーバーの復旧は未定とのことです。

情報流出は否定

地方公務員災害補償基金は被災者から申請のあった被災データを扱う組織であるため、病歴など極めて秘匿性の高い個人情報も保有しています。

しかし、大阪府によれば被害サーバーには個人情報を格納していないと説明。従って個人情報の流出の懸念も生じていないとしています。

なお、大阪府は今後、セキュリティ強化などの再発防止策を実施するとしています。

参照「地方公務員災害補償基金大阪府支部」におけるサーバへの不正アクセスについて/大阪府


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。