サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

中日新聞所属記者が取材メモを誤送信、情報元の個人名が外部流出

  • LINEで送る


中日新聞社はこのほど、同社に所属する男性記者が名古屋市長選挙に関係する取材メモを他社新聞社に誤送信したことにより、複数の取材相手の個人名が外部に流出したと明らかにしました。

発表によると、誤送信を起こした男性記者は同僚にメモを送ろうとしていましたが、操作を誤り、他社の記者にも同時送信したとのこと。

これにより、メモの情報源となった複数の個人名が外部に流出したため、同社は誤送信先にメモの削除を要請。また、被害者である取材相手に謝罪したと説明しています。

相次ぐ電子メールの誤送信

2020年は、電子メール誤送信により、多くの情報が流出した年でした。

ところが、2021年1月時点も、すでに新潟県や埼玉県などの各自治体の関係先や複数の民間企業にて生じています。

2021年度もしばらくは勢いが止まらないものと見られます。

参照中日新聞記者が誤送信 取材内容を外部に





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。