播磨町で介護保険被保険者48名記録したUSBメモリ紛失|サイバーセキュリティ.com

播磨町で介護保険被保険者48名記録したUSBメモリ紛失



画像:播磨町より引用

兵庫県播磨町は2020年10月28日、町が保有する介護保険被保険者の個人情報を記録したUSBメモリを、町担当者が紛失していたと明らかにしました。

発表によれば、紛失したUSBメモリは町が介護保険業務にて使用しているもので、内部には被保険者46名の氏名や住所、生年月日や年齢などの他、被保険者番号電話番号や判定結果などの機微情報も含まれています。

紛失の経緯は町担当者の不注意によるもので、町の担当者は2020年10月7日に業務上の理由でこのUSBメモリを使用しましたが、その後所定の場所に返却せず別の業務にあたったところ、行方がわからなくなったとしています。

パスワードロックにより流出可能性は低いか

播磨町によると、記事発表時点でUSBメモリは発見に至っていません。町では紛失発覚後に課内で操作を進めたものの、見つからなかったとのこと。

ただし、町側はUSBメモリについて、「パスワードロックをしていた」と主張しています。万が一外部に流出していた場合でも、情報が流出する可能性は低いものと見られます。

なお、町は今後、USBメモリの使用に関して、管理職以上の職員が確認するよう策定。再発防止につなげる考えを明かしました。

参照USBメモリの紛失について




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。