サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

原子力規制委員会のシステムが不正アクセス被害

  • LINEで送る

国の原子力規制委員会は2020年10月27日、同委員会が運用する内部情報システムに対する、何者かのサイバー攻撃と思われる痕跡を確認したと明らかにしました。

発表によれば同委員会は2020年10月26日に、システムから不正アクセスの可能性のある不審な通知を確認。

これを調査したところ、委員会の情報システムサーバーに攻撃者が侵入した痕跡が見つかったため、ネットワークを遮断し、情報流出の可能性も含め被害状況の調査を進めるとしています。

被害システムでメール送信業務など

原子力規制委員会は記事発表時点で、情報流出の有無や流出対象情報など、確定的な発表を出していません。

しかしながら、委員会の職員は被害を受けたシステムを介してメール送信やファイル共有をしていたため、流出の可能性は否定できない状態が続いています。

委員会は今度の調査で実態を明らかにしていくものと見られます。

参照原子力規制委にサイバー攻撃か 情報漏えいの有無確認

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。