予備校事業者サーバーが不正アクセス、資料請求者などの情報3万4,263件が流出か

画像:株式会社城南進学研究社

予備校事業などを展開する株式会社城南進学研究社は2020年7月16日、同社の公式ウェブサイトのデータを格納するサーバーが第三者による外部からの不正アクセスを受け、ウェブサーバー内のデータや2016年4月以降の資料請求者に関する個人情報3万4,263件について、流出の可能性があると明らかにしました。

同社によると2020年7月11日、同社の従業員がウェブサイトに生じた障害を確認。これを受け同社がシステム運営会社とともに確認を進めたところ、該当ウェブサイトのデータがサーバーから消去されたほか、同社が展開する他のサービスについても不具合が判明したとしています。

別のサーバーで再開目指すも時期未定

城南進学研究社は事案発覚を受け、サービスを提供していたサーバーを一度停止し、調査および被害者対応を進めている状況です。

情報によると同社はインシデント発覚後、社内で対策本部を設置しています。そして2020年7月14日までに警察当局および個人情報保護委員会等関係機関への報告を済ませ、現在は被害状況などの調査を進めているとのこと。流出被害に関しては記事発表時点で二次被害等は確認されず、カード情報等についても流出の可能性はないとのことです。

被害データ 規模
城南予備校 DUO(https://www.johnan.jp/)
城南コベッツ(https://www.covez.jp/)
城南 AO 推薦塾(https://ao-suisenjuku.jp/)
デキタス(https://dekitus.johnan.jp/)
城南ルミナ保育園立川(https://www.johnan.jp/rumina/)
全データ
「城南予備校」、「城南予備校DUO」、「城南コベッツ」、「くぼたのうけん」、「城南ブレインパーク」、「城南ルミナ保育園立川」、「城南進学研究社」の資料請求者の個人情報 3万4,263件

サービスに関しては一度停止措置を取った後、別のサーバー環境で再構築を進めているとしています。サービス再開の時期については、目途がついた時点で公表するとしています。

参照ホームページに対する不正アクセス及びお客様情報の流出の疑いに関するお知らせとお詫び/株式会社城南進学研究社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?